美容室

美容院の経営に関する悩みと、その解決方法をご紹介

企業や店舗のトップに立つ方は、誰もが等しく様々な悩みを持っています。美容院の経営者様に関しても、経営に関して頭を悩ませている方がほとんどではないでしょうか。

こちらでは、美容院の経営者様が頭を悩ませる問題について紹介します。併せて、そのお悩みを解決する方法につきましてもご提案いたします。ぜひ美容院経営に活かしてください。

悩み1:利用が少なく売り上げが上がらない

集客に関する悩みは、どの経営者も持っています。世間的には休日であるにも関わらず、スタッフの手の空く時間があったり、売り上げが思うように上がらなかったりすると、経営を維持することが困難になります。早急に何かしらの対策が必要です。

美容院では、利用者を増やすにはリピーターの確保が重要と言われています。新規のお客様を獲得することも大切ですが、それ以上に、繰り返し利用してくれるお客様を獲得することを目標として、集客をしましょう。

例えばポイント制度の導入や、リピーター限定のクーポンの配布はお得感があり、繰り返しサービスを利用してもらいやすくなります。ただし美容院の場合、単純にサービス料金が安い店舗よりは、サービスの質が高い店舗が選ばれやすいです。並行して、スタッフの育成にも力を入れることが大切です。

悩み2:優秀な人材を確保できない

美容師は、資格保有者にしか務められない仕事です。このため求人を出しても思ったように人材を確保できないとお悩みの経営者様がいます。この場合、掲載している求人情報に問題がある可能性が考えられます。

条件が不明瞭である場合や、待遇や福利厚生といった求職者にとって重要な内容が記載されていない場合、求職者の目に留まらず、応募が来ません。公開できる情報をすべて明確にした求人を掲載しましょう。掲載媒体についても、希望する求職者の属性にマッチするような媒体を選びます。

悩み3:スタッフの技術が向上しない

美容師は技術が求められる仕事です。このため、雇用したばかりのスタッフは、技術力向上のための練習が必要な場合があります。しかし、中には技術力を高めるための練習に消極的な方もいます。その理由は様々ですが、1つに、シザーを練習に使って、劣化することを心配するケースがあるようです。美容師は1人ひとり、自分の手に馴染むシザーを所有しています。シザーが劣化し、お客様へのサービスの質が低下しては元も子もありません。買い替えにも費用がかかります

スタッフに積極的にヘアカットの練習をしてもらいたい時の1つの手段として、店舗のシザーをレンタルすることを推奨します。レンタルされたシザーならば、思う存分練習できるでしょう。この時、可能ならスタッフ1人ひとりに合ったシザーを用意することが望ましいです。もしくは、似た形状や使い勝手のシザーを用意しましょう。スタッフが退職したなどの理由で使わなくなった練習用のシザーは、そのまま保管しておくこともできますが、手入れの負担を考えると、一定期間後に買取を依頼することをおすすめします。

LINEを使ってすぐ査定。企業運営のシザー買取専門店

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA