スマホを操作する可愛い 女性

自社メディアのネット検索への最適化は必須です

スマートフォンが広く普及してから、インターネットを使い、情報を集めることが当たり前になりました。今は知りたいと思うことがあった時、多くの方がまずスマートフォンを取り出し、Googleの検索ボックスに関連するキーワードを入力して調べるでしょう。

情報収集の手段には、人に聞く方法や書籍で調べる方法もあります。しかし、その2つの方法よりも圧倒的に利用されるようになっているのがインターネットです。インターネットを使った情報収集は、なぜ現代人にこんなにも活用されているのでしょうか?

ネット検索は必ず回答を得られる

例えば、新しいテレビを探していて製品ラインナップや価格を知りたいとしましょう。家電量販店で購入をする場合は、店員に質問するとある程度の情報は手に入るでしょう。ただし、人に聞く方法では、質問をした相手が求めている答えをすべて教えてくれるとは限りません。質問をした相手もまた新しい製品や価格について、こちらが望む答えを持っていない可能性があります。

では、書籍などで調べる方法などはどうでしょうか?雑誌を見たり本で調べれば、望む回答を得られる本が見つかるかもしれません。しかし、ピンポイントで正解が書かれていると判断できる、「新しいテレビのランナップと価格」というタイトルの書籍はおそらくないでしょう。多くの場合は目次を見て、まず答えが書かれていそうかどうかを判断するところから始まるため膨大な時間が必要です。

これがインターネットでの検索ならば、たいていの場合、必ず何らかの回答を得られます。一般的な知識に分類されることなら、答えが見つからないということはまずないでしょう。複数のサイトを開く必要はなく、1つのサイトを閲覧するだけで疑問は解決します。何より、キーワードを入れるだけで自動的に回答が書かれているサイトが提示されるというシステムが、効率と手軽さを重視する現代人に合っているのでしょう。

自社メディアの適切な露出が必要

ネット検索を利用するのは、疑問が生じた時に限りません。洋服やアクセサリー、花、ギフトなど何かを購入する時にも多く利用されます。どの企業にどのような商品があり、どれがもっとも欲しいかを簡単に比較検討できるためです。

そんな現代では、インターネットを活用したマーケティングが主流になっています。特に多いのは、自社のメディアがユーザーの目に入るような対策をすることです。Googleの検索結果の上位に表示させるSEOという検索エンジンの最適化対策が一例です。

自社メディアの露出が増え、ターゲットとするユーザーの目に入るようになればサービスを知ってもらう機会が増えます。結果として利益に繋がる可能性も上がります。SEOは、今や自社メディアを持つ企業ならば、必ずやっておくべき対策と言えます。

スマホを見るビジネスウーマン

似たようなものにMEOがあります。こちらはより実店舗でのサービスを重視している企業に推奨されます。Googleマップ上で、自社メディアや自店情報の検索順位をアップさせるための対策です。現地や近隣の地域で提供されるサービスを探すユーザーにとりわけ効果が見込めます。

東京都に住む方が、同じ東京都の友人に贈る花を買う時、わざわざ北海道や大阪まで行きません。Googleの検索ボックスに「東京 花屋」と入力するでしょう。MEOによる対策をしておくと、東京にある花屋ならば、上述したキーワードで検索された時に、Googleマップ上でホームページが上位表示される可能性が高まります。

MEOの対策をすることはそれほど難しくありません。Googleマイビジネスに登録し、必要な情報を登録するだけです。

ただし、実際にMEOによる対策をしている企業は数えきれないほどあります。やみくもに情報を登録するだけではホームページを上位に表示させることは不可能と言えます。Googleの仕組みやMEOに関する理解を深め、適切な対策をする必要があります。

MEOの対策を代行したり、助言をしたりすることで、自社ホームページを活用した企業のマーケティングを支援する専門の会社もあります。そのような会社のサービスを利用すれば、より高い効果を見込めるMEOの対策ができるでしょう。

コストなどの関係で専門の対策サービスを受けられない場合も、MEOに詳しいプロモストという会社が更新しているこちらのような最新情報をチェックして、まずはMEOに関する理解を深めることが大切です。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA